カラーデザイン検定とは

カラーデザイン検定

実務に強い「色の戦略家」を育成。
ビジネス実務や就・転職に直結するスキル

「カラーデザイン検定」は、仕事に直結するスキルの証明となるだけでなく、学んだ内容が即座に現場で応用可能です。 さらに、マーケティングの基礎知識やプレゼンテーション手法の知識を問うことによって単にカラーデザインの知識だけでなく、ビジネスの場においてカラーマーチャンダイジング(=色が商品を強くする)の知識を有し、色のコンサルティングができる「色の戦略家」の育成を実現します。商品開発やマーケティング、広報、Web担当…、あらゆる業界において就・転職にも有利なスキルです。

よくある質問

どうやって受けるの?

インターネットもしくは郵送にて受験申込みをして、お近くの試験会場にて受験します。
日本全国のみならず上海にある認定校・認定教室にて対策講座を受講される方も多くいます。
ICDが監修した過去問題集で試験傾向を知り、対策をたてることもできます。

受験申し込み方法はこちら

合格するには、どんな知識が必要か?

3級を合格するためには色彩の基本知識が必要となります。無料ダウンロードできる検定公式テキストの「カラーデザイン公式ガイド【基礎編(PDF版)】」と、書籍の「カラーデザイン公式ガイド【感性編】」で楽しみながら学べます。
2級では3級で得た知識をベースに、配色だけでなくデザインの基本的な知識も問われます。

ICDオフィシャル教材はこちら

合格のメリットはあるの?

職種・フィールドを問わず、自信を持って色を選択し、配色できる知識、スキルを身につけることが可能となります。カラーデザイン検定は、あらゆる職種の現場で、すぐに役立てることが最大の特徴です。

お問い合わせはこちら
カラーデザイン検定についての
お問い合わせはこちら

TEL 03-5925-6549平日11:00~18:00 (土日祝除く)